QuoVadis ルート証明書の廃止に伴うスマートライセンスの影響について


AsyncOS バージョン 12.x をご使用されていて、スマートライセンス機能を有効にされている場合、2021年 3月31日以降、スマートライセンスなどの機能がCiscoへの安全な接続の確立に失敗し、正しく動作しない可能性があります。

これは、QuoVadis ルート認証局(CA)が2021年 3月31日に廃止されるため、QuoVadis ルート認証局(CA)から発行された一部のSecure Sockets Link(SSL)証明書の有効期限が切れますと、QuoVadis ルート認証局(CA)によって新しい証明書が発行されないことによるものです。

物理モデルまたは仮想モデルで AsyncOS バージョン 12.x をご使用されている場合は、AsyncOS バージョン 12.5.3-035 以降にアップグレードすることが回避策になります。
詳細に関しましては、下記のWebサイトをご参照ください。


Field Notice: FN - 72106 - Email Security Appliance - QuoVadis Root Certificate Decommission Might Affect Smart Licensing - Software Upgrade Recommended
https://www.cisco.com/c/en/us/support/docs/field-notices/721/fn72106.html